本文へ移動

スタッフブログ

那珂川町馬頭広重美術館2・・・青木藤作藤作と徳富蘇峰

2019-03-04
カテゴリ:その他
関東探勝記(徳富蘇峰著)
「那珂川町馬頭広重美術館」は、青木藤作のコレクションをご遺族から寄贈されたものである。
藤作は、明治から昭和にかけての言論人・評論家・史学家である徳富蘇峰から様々な影響を受けている。

蘇峰は明治20年に言論団体「民友社」を設立し、月刊誌『国民之友』を主宰した。蘇峰はその中で平民主義を主張し、時代の言論・思想界に大きな影響を与えた。また、文学にも力を入れ、坪内逍遙、幸田露伴、樋口一葉、泉鏡花、国木田独歩など当時の一流文学者や新進作家も寄稿している。森鷗外の『舞姫』も『国民之友』誌上に発表されたものである。
藤作も大きな影響を受けた一人である。
 

創刊号を手にした藤作は深い感銘を受け、翌年には蘇峰のもとを訪ねている。 以後蘇峰と藤作は子弟として、支援者として、友人として、終生交流していく。青木コレクションは、そんな蘇峰の影響もあったのかもしれない。
 
蘇峰という人は、塩原温泉にも縁がある。
関東大震災で蘇峰が建てた仮の執筆所「一枝庵」を藤作が譲り受け、現大田原市の佐久山に移築した際、開庵式に招かれた蘇峰はその後黒羽・塩原・那須と小旅行を楽しんだ。

この時の様子はその後出版された小冊子「関東探勝記」"野州小遊記"に記されている。
この企画がこの時期に実施されたのは、蘇峰や婦人へのいたわりのためであり藤作に感謝を述べている。
 
一は塩原の秋色を賞するに絶好の時節のため、一は過日突発した家庭の不幸-子萬熊の病死-を慰藉(なぐさめいたわること)畝らるる為であらう。予等は君が不言中の深き心入れを感謝して、欣然(よろこんで)此行を偕(とも)にした。』
(野州小遊記より)
 
また、塩原温泉について絶賛しており、次のように記してある。
 
沿道の光景は、かれこれ云うだけが野暮である。昨夜の厳霜にて、単に木葉を染めたのみならず、亦た木葉を落としつつある。風なきに紅葉が、空より舞ひ下るの情趣は、なんと申すべきか。』
(野州小遊記より)
 
この際、塩原温泉の老舗旅館「明賀屋」に宿泊している。「明賀屋」の”太古館”は、蘇峰が塩原を訪れた際に「静かなること太古の如し」と感動して命名したそうだ。
ちなみに、現在の太古館は2代目で、和洋折衷式建物で、帝国ホテルの設計者といわれる鈴木愿一郎の設計だそうだ。
<http://www.myogaya.com/taikokan.stm>
 
 
徳冨蘆花文学碑
徳冨蘆花文学碑(木の葉化石)
徳富蘇峰の弟である小説家の徳冨蘆花も、塩原を何度も訪れており、その著書「自然と人生」や「青蘆集」において塩原温泉を紹介している。蘆花は、兄蘇峰が主宰する民友社に入社するが、やがて国家主義的傾向を強める兄とは次第に不仲となり、やがて絶縁状態となるが、塩原のことについては兄弟そろってほめてくれている。
塩原温泉にかかわるものとしてはとてもありがたいことである。
(箱の森プレイパークの手前にある木の葉化石園と、大正浪漫街道 連珠の滝前には蘆花の文学碑がある。近くを訪れた際は、箱の森プレイパークにもお立ち寄りを)
TOPへ戻る